A site that provides sexual necessities for Indian men who love to masturbate for comfortable masturbation.

男のオナニー全22種を大公開!男のオナニーはこんなにも素晴らしい!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは、オナニーのやり方に変化を与えていますか?恐らくほとんどの男性は、そのことについて深く考えたことはないでしょう。実は、オナニーには多くの種類があります。オナニーのやり方に変化を与えると、これまでとは全く違った快感を味わうことができるのです。そう聞くと、知りたくなりますよね?私も、このブログを立ち上げるまでは、ここまで多くの種類があるとは思いもしませんでした。そこで今回は、男性のオナニーのやり方、全22種類の魅力とやり方を紹介していきます。

全部気持ちいい!!男のオナニーの種類を大公開!!

オナニーのやり方が変われば、快感が変わります。これから紹介するオナニーの数々は、私も全てを実践したわけではありません。しかし、いくつかのオナニーを試した上で私が体感した事実です。1つ1つに、魅力と詳しいやり方を紹介した参照記事を用意するので、気になるオナニーを見付けたらぜひ読んで実践してみましょう。

1.足ピンオナニー

足ピンオナニーとは、足を伸ばした状態でするオナニーのこと。足を伸ばすことで下半身の筋肉が緊張し、ペニスへの刺激を強く感じられるようになります。やり方はシンプルですが、強い快感を得られることで人気のオナニーです。無意識の内にこのオナニーをしていたという男性も多いでしょう。

2.寸止めオナニー

射精の直前でペニスを刺激する手を止めるオナニーです。落ち着いたら再び刺激して、また止める…これを何度か繰り返して我慢できなくなったところで射精し解放します。射精するまでの快感を長く味わえる上に、何度か我慢を繰り返すことで射精した時の解放感が高まるのが特徴です。我慢に失敗して射精した時は、とても残念な気分になります。

3.オナホールオナニー

オナホールとは、男性のオナニーを気持ちよくするために作られた道具です。女性の膣そっくりに作られているので、オナニーでありながらセックスに近い快感を味わうことができます。様々な種類があり、1つ1つで全く違う刺激を味わうことができるので、世界中の男性に愛されています。私がこのブログを立ち上げるきっかけになったのは、このオナホールの快感を伝えたいと思ったからです。

4.床オナニー

うつ伏せに寝て腰を動かし、床やベッドなどにペニスを擦りつけるオナニーのことです。手を使う必要がないこと、とても強い快感を得られることで人気のオナニーです。床が硬いとペニスが傷付く心配があるので、タオルを敷くかベッドで実践すると良いでしょう。ただ、ハマり過ぎると普通のオナニーが気持ちよくなくなるので、楽しむのは程々にしましょう。

5.皮オナニー

ペニスの皮が完全に剥けていない男性にとっては普通のやり方。ペニスの皮を掴んで、上下に動かすことで快感を得ます。痛みが少なく、刺激のコントロールも簡単なのが魅力。また、亀頭を直接刺激するオナニーではないので、ペニスにバイ菌や傷が付く心配がありません。私も基本的には皮オナニーです。

6.ローションオナニー

ローションは粘度の高い液体のことで、愛撫の刺激に変化を与えセックスを盛り上げるのに使われます。それをペニスに塗り付けてオナニーをすると、ぬるぬるの感触で最高に心地いいオナニーをすることができるのです。これは、他のオナニーでは絶対に再現することができない感覚です。様々なオナニーと組み合わせることで快感は更に高まるので、1つは持っておきたい道具です。

7.逆手オナニー

普段とは反対の手でオナニーをする方法です。ほとんどの男性は、普段右手を使ってオナニーをしていることでしょう。それを、慣れていない左手に切り替えることで、刺激に変化を与えることができます。当然ぎこちない動きになりますが、それがまるで自分以外の誰かにペニスを触られているような感覚を得ることができるのです。

8.亀頭オナニー

上述した皮オナニーとは逆で、ペニスの包皮が完全に剥けている男性にとってはこれが基本のやり方でしょう。ペニスの中で最も敏感な亀頭部分を集中的に刺激し、快感を得るオナニーです。皮オナニーと違って射精するまでに時間が掛かるので、長い間ペニスを刺激していられるのが魅力。亀頭部分を刺激に慣れさせることで、早漏を改善するメリットもあります。

9.乳首オナニー

ペニスオナニーとは全く違い、乳首を刺激するオナニーです。経験のない男性は不思議に思うかも知れませんが、実は男性の乳首も継続して刺激することで性感帯になるのです。しかも、人によってはペニス以上に感度が高まる場合もあり、服が擦れるだけで快感を感じてしまう人もいるようです。乳首で快感を得られるようになればセックスの楽しみも増えるのでおすすめです。

10.片栗粉オナニー

上述したオナホールを手作りして活用する方法です。ペットボトルの中に片栗粉と水、そしてペニスを挿入する穴を整形する為の棒を挿入します。それを電子レンジで温めて固めると、即席のオナホールの完成です。本物のオナホールと比べると快感は圧倒的に劣りますが、手で直接刺激する以外の方法でオナニーを体験したいならおすすめです。

11.アナルオナニー

アナルオナニーは非常に人気の高いオナニーです。アナルの中に、指やアナル用の玩具を挿入することで快感を得ます。射精と違って終わりがないので、満足するまで延々とオナニーを楽しめるのが魅力です。最初は抵抗があると思いますが、徐々に快感が高まっていく感覚がとてもいいです。しかし、アナルはとても繊細な部分なので、正しいやり方を守って慎重に刺激することが大切です。

12.夢精オナニー

夢精オナニーは、かなり上級者向けのオナニーです。3日以上禁欲して精液を溜めた状態で眠りにつくこと、そしてその他いくつかの条件を整えることで、眠っている内に射精し快感を得ることができます。しかし、普通のオナニーと違って、完全にコントロールすることはできないので、人によっては実現できない場合もあります。私は何度か挑戦しましたが失敗しました。

13.催眠オナニー

催眠オナニーとは、催眠によって快感を得るオナニーのこと。ポルノの音声や女性の囁きだけで絶頂を体験することができます。もちろん、同時にペニスや乳首を刺激してもいいですが、上級者になるとペニスに触れることなく射精を迎えられるようです。ヘッドホンを付けて、目を閉じて、音声に身を委ねて、自分の世界に入り込みましょう。

14.ペニスリングオナニー

ペニスリングとは、ペニスに装着するシリコン製のリング。これをペニスの根元に装着すると、ペニスの感度が下がるので、いつもより長くオナニーを楽しむことができます。更に、ペニスが一時的に大きくなるので、視覚的にも興奮を得ることができます。私のおすすめは、ペニスリングとローションの組み合わせです。セックスの時も活躍する道具で、しかも値段も安いのが魅力です。

15.禁欲オナニー

オナニーを数日我慢することで、射精の快感を高める方法です。特に、私のように毎日オナニーする男性にとっては効果が高く、射精したい欲望を我慢することが興奮に繋がります。欲望が消え去ってしまうこともあるので、我慢する期間には注意が必要です。おすすめなのは2~3日で、長くても1習慣までにすると良いでしょう。

16.尿道オナニー

ずっと射精しているかのような快感が味わえる、と言われているのが尿道オナニーです。医療用カテーテルなどの細長い棒にローションを塗って、ゆっくりと尿道に挿入することで快感を得ます。本来は刺激されることのない尿道を刺激するので、正しい手順を踏む必要があります。少々危険が伴うので、上級者向けのオナ二―といえるでしょう。

17.貞操帯オナニー

貞操帯オナニーは、前述した禁欲オナニーに似ています。貞操帯とはBDSMに使われる器具のことで、装着するとペニスに触れることができなくなります。つまり、自分自身にムリヤリ我慢を強いることになるのです。その時間が興奮を高め、貞操帯を外した後のオナニーはいつもより数段気持ちよくなるということです。1人でやるのはもちろん、パートナーに貞操帯のカギを持ってもらうと効果的です。

18.野外オナニー

オナニーは普通、自分だけの空間でやるものです。それを敢えて外に出て行うのが野外オナニーです。もちろん、絶対に見つかるワケにはいきません。しかし、そのスリルが性的な興奮と繋がり、普通のオナニーよりも圧倒的に強い快感を得ることができるようです。もちろん見付かるリスクが伴いますので、実行は自己責任でやるようにしましょう。

19.シャワーオナニー

シャワーのお湯をペニスの亀頭部分に当てて刺激するオナニー。快感と同時に、少しくすぐったいような、不思議な快感を得ることができます。しかし、射精まで到達するには少し難しいと言えます。また、シャワーオナニーの快感はシャワーの性能によって変化するので、場合によっては全然気持ちよくない場合も…。

20.女装オナニー

女性用の服やウィッグを身に付けて、自分自身を内側から興奮させる特殊なオナニーです。女装をしていることの背徳感が興奮に繋がると言われています。さすがに私は経験したことがありませんが、女装オナニーを好む男性は実は多く存在します。上級者になると、体中の毛を剃ったり、化粧をしたりして、本物の女性になりきってオナニーを楽しむようです。

21.前立腺オナニー

アナルの奥にある前立腺と言う臓器を刺激する人気の高いオナニーです。射精を遥かに超える快感、ドライオーガズムを得るのに最も適したオナニーと言われています。オナホールオナニーの次に、私がおすすめしたい方法です。ただ、前立腺で快感を得るには少し時間が掛かります。正しいやり方と手順を知って、少しずつ刺激に慣れていくことが大切です。しかし、それをするだけの価値はあります。

22.会陰オナニー

会陰とは、陰嚢とアナルの間にある空間のことです。何もない所なのでオナニーと言っても疑問に感じるかもしれませんが、実は神経が集中している性感帯なのです。会陰を優しくマッサージするように刺激してあげると、徐々に快感を得られるようになっていきます。片方の手で会陰を刺激し、片方の手でペニスかアナルを刺激するなど組み合わせるのがおすすめです。

オナニーの悪影響が心配ですか?

ここまで様々なオナニーを紹介してきました。しかし中には、オナニーをし過ぎることの悪影響を心配している方もいるでしょう。オナニーをするとニキビができたり髪の毛が抜けたり、男性ホルモンが減ってしまうなどと噂されています。しかし真実は逆です。オナニーは、私たちの心と体を健康に維持する上では欠かせない習慣なのです。それぞれのオナニーの注意点については、参照している記事で紹介しているので、それを守った上で実践すれば悪影響の心配はありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?オナニーを愛する世界中の男性は、実に様々な方法でオナニーを楽しみ快感を得ているのです。中には少々危険な方法もあるので、さすがに私も全てを実践したことはありませんが、オナニーに変化を加えるのは良いことです。ハマり過ぎには注意して、やり方の違いによる変化を感じながら、様々なオナニーを楽しみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Did you masturbate today? , 2020 All Rights Reserved.