A comfortable masturbation site for Indian men who like masturbation!

セックスで射精できない原因は!?膣内射精障害を改善する方法

 
おすすめアダルトショップ
アダルトグッズのNLS
おすすめアダルトショップ
アダルトグッズのNLS
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは、セックスで射精しにくくなった、もしくはできなくなった経験はありませんか?それは気のせいではなく、膣内射精障害という射精障害の可能性があります。というのも、実は私にも経験があるのです。オナニーでは射精できるのに、セックスになると射精できず、気持ちいいと感じることもできなくなってしまいました。今は問題なくセックスを楽しめるようになりましたが、その当時は本当に不安でした。そこで今回は、セックスで射精できなくなる膣内射精障害の原因と、改善する方法について紹介していきます。

膣内射精障害とは?

まずは、膣内射精障害とは何かを知る必要があります。膣内射精障害とは、オナニーでは射精できるのに、セックスでは射精できなくなってしまう症状のことです。これはとても不思議な感覚です。興奮はするし勃起もするのに、全く快感を感じられず、いくら動いても射精するに至らないのです。そして、この症状の厄介なところは、女性との不仲に発展しやすいことです。なぜならセックスは、女性との重要なコミュニケーションの手段だからです。なので、早急に原因を突き止めて、改善を目指す必要があります。

主な原因は間違ったオナニーにある

それでは、なぜ膣内射精障害になってしまうのでしょうか?その原因のほとんどは、間違ったオナニーにあります。実はあなたが普段しているオナニーには、正しいやり方があるのです。間違ったオナニーをしていると、膣内射精障害以外にも様々な障害を負う危険があると覚えておきましょう。例えば、以下の方法が間違ったオナニーとして挙げられます。

・強く握り過ぎている
・足をピンと伸ばしている
・床や壁に擦り付けている

心当たりのある項目はありますか?この機会に、自分のオナニーのやり方を見直すと良いでしょう。それぞれのやり方がなぜ良くないのか、理由を以下にまとめていきます。

強く握り過ぎている

あなたは、5本の指でしっかりペニスを握ってオナニーをしていませんか?実は、それだと刺激が強すぎるのです。女性の膣よりも強い刺激でオナニーをしていると、セックスでは一切快感を感じられなくなってしまうのです。もちろん、射精することは難しくなり、セックスの途中でペニスも萎えてしまうでしょう。ちなみに、私が膣内射精障害になったのは、これが原因でした。特に、オナニーの回数が多い男性は、刺激の強さがエスカレートしやすい傾向があるので注意が必要です。適切な刺激で射精できるように、後述の正しいオナニーを学びましょう。

足をピンと伸ばしている

足を伸ばした状態でのオナニーは、ペニスに刺激が伝わりやすいので、そうではない姿勢と比べると射精しやすい特徴があります。最初にこのオナニーを覚えてしまったことで、クセになっている方も多いでしょう。しかし、このような特定の姿勢でのオナニーに慣れてしまうと、その姿勢でないと快感を得られないようになってしまいます。例えばセックスの時に、足を伸ばした状態になる体位と言えば騎乗位ぐらいしかありませんよね?セックスでもしっかり快感を得られるようになるには、リラックスした姿勢でオナニーをすることが大切なのです。

床や壁に擦り付けている

ペニスを床や壁、ベッドなどに擦り付けることで快感を得るオナニーはとても人気の方法です。しかし、そのやり方はとても危険です。なぜなら、その刺激はセックスとは全く異なる刺激だからです。セックスと異なる刺激に慣れ過ぎてしまうと、その方法以外では射精することができなくなってしまうのです。オナニーのやり方には様々な方法がありますが、基本的にはセックスと同じように、上下にしごいて刺激を与えるのが正解です。特殊なやり方のオナニーはたまに刺激を変化を付ける時に活用するぐらいが良いでしょう。

セックスの失敗やストレスが原因の場合も

主な原因は、上述したようなオナニーのやり方にあります。しかし、過去のセックスの失敗や、ストレスが原因になっている男性もいるようです。例えば、セックスする時に強い緊張を感じていたり、女性を満足させられるか不安に感じていたりなど。精神の不調は、あなたのペニスに強く影響します。ストレスの原因となっている事柄を突き止めて改善を目指したり、女性とのコミュニケーションをしっかり取ることが大切です。(詳しくは後述)

膣内射精障害は放っておくと悪化する

膣内射精障害の厄介なところは、放っておくと症状が悪化していくことです。セックスで射精できないと、その不満からオナニーに快感を求めるようになります。しかし、原因はそのオナニーにあるので、それは膣内射精障害の症状を悪化させることになるのです。結果として、よりセックスで射精できなくなる悪循環に陥ってしまいます。私も、膣内射精障害の存在を知る前は、このような悪循環にいました。症状が深刻になる前に、原因を突き止め、改善の努力をすることが大切です。

膣内射精障害を改善するには?

ここからは、膣内射精障害を克服するために、具体的な改善策を紹介していきます。心配しなくても大丈夫。時間は掛かりますが、以下の方法を取り入れることで、膣内射精障害は改善することができます。

・正しいオナニーを身に付ける
・オナホールを使う
・パートナーと相談する

考え方はとてもシンプルです。間違ったオナニーが原因ということは、それを正せば良いのです。そして、改善には時間が掛かるからこそ、パートナーの理解や協力も欠かせません。それぞれの項目について、詳しくまとめていきます。

正しいオナニーを身に付ける

まずは普段のオナニーを見直して、正しいオナニーのやり方を身に付けましょう。それには、以下3つのポイントを守ることが大切です。

・手のひらで包み込むように軽く握る
・リラックスした姿勢で行う
・上下にしごいて刺激を与える

握り過ぎないように注意しながら、時間を掛けて、ゆっくりとペニスを刺激していきます。焦ってはいけません。セックスで射精できないわけですから、このオナニーを実践してもすぐに改善することはできないでしょう。でも心配いりません。それが普通です。時間を掛けて、この方法を継続することで、優しい刺激でも射精できるようになっていきます。

オナホールを使う

これは私が最もおすすめしたい改善法です。あなたは、オナホールを知っていますか?オナホールとは、男性のオナニーをサポートする為の道具です。柔らかい素材で女性の膣が再現されていて、セックスに近い感覚でオナニーを楽しむことができます。つまり、オナホールを使うことによって、自然と適切な刺激に慣れていくことができるのです。また、商品ごとに違った刺激を楽しめるのも魅力です。上述したように右手のオナニーは、刺激がエスカレートしやすい傾向があります。オナホールは、オナニーを楽しみつつ改善を目指すことができるのでおすすめです。

パートナーと相談する

膣内射精障害の改善には時間が掛かります。例えば私は、症状が改善したと自覚できるまでに2ヶ月ほど掛かりました。なので、あなたにパートナーがいるのなら、素直に膣内射精障害であることを伝えるべきです。なぜなら、セックスで射精できないのは自分に原因があるのではないかと思ってしまう女性もいるからです。事実を伝えておかないと、上述したように関係が悪化してしまう場合もあります。膣内射精障害の原因や、改善の方法、そして改善には時間が掛かることを正直に伝え、女性側の理解を得ましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?膣内射精障害は、あなただけの問題ではありません。セックスに不安を抱えるということは、女性との関係性にも大きな影響をあたえてしまうからです。そして、セックスで射精できなくなってしまう原因のほとんどは、あなたが普段しているオナニーのやり方にあります。間違ったオナニーのやり方を見直し、正しいオナニーで射精できるように訓練することが大切です。もちろん、すぐに改善することはないので、女性の理解も必要です。パートナーと協力して、気持ちいいセックスを楽しめるように改善を目指しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Did you masturbate today? , 2020 All Rights Reserved.